ページトップへ

家ィ! | staffダイアリー | 広島市・府中町 賃貸管理 オールハウス

Staffダイアリー

  • 入居者が魅力を感じる賃貸の募集方法とは?

  • 2017/03/16(木) 日常

賃貸物件の成約を決める上で、入居者の方の満足に一番繋がると考えられる点とはなんでしょうか?
色々な要素が考えられますが、真っ先に考えられるものは入居者の方の物件に対する十分な納得といったものではないか思います。
 
納得が十分に得られていないまま成約に至っても、入居後に不具合が起きたり、満足頂けないまま早期に退去される可能性も否定できません。
そうならないためには、入居前にしっかりと物件について知ってもらい、成約後もお互いに満足できる関係を構築することが重要です。
 
ではどのようなことが入居者の方の納得につながるのでしょうか?
今回は、お客様との最初の接点となる募集の段階での工夫をご説明したいと思います。
 
入居者の方が納得を頂けないケースというのは、入居前と入居後でその物件に対しギャップを感じてしまっている場合というのがほとんどです。
「聞いていた話と違う」「実際に住んでみて印象が変わってしまった」といったことがないように、管理者が賃貸物件についての知識をきちんと持っているのはもちろんのこと、募集段階でお客様が入居後の生活をイメージできるような環境をご用意するのが理想的な対策ではないかと思います。
 
そのため、オールハウスではモデルルームの実施、さらにそれらのコーディネートに力を注いでおります。
更にお客様に不信感を与えないよう物件の保持管理、対応なども募集時の重要なポイントと言えるでしょう。
掃除がきちんとなされていたり、植栽が綺麗に手入れされているだけでも入居者の方が受ける印象は大きく変わってきます。
 
もちろん、物件自体が持つ魅力も契約成立のための重要な要素のひとつです。
しかし、これらの効果的な募集を行うこともまた、相手が人である以上重要な要素として数えられるのではないでしょうか。
それらの物件が持つ魅力を最大限に引き出し、演出するのは人の力といえるのでは、と考えています。

2017年03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー